心房粗動で高周波カテーテルアブレーション

概要

心臓には自信があったのです。水泳が得意で週末は毎週3kmは泳いでいました。

ドキドキするときの心臓の鼓動は約120~150です。普段は60回ぐらいなので約二倍です。

心房粗動になるとそれが150で固定、60に戻らなくなる状態、病気です。

その原因はストレスです。日々のストレスが心臓を傷めつけそして、ドキドキして止まらなくなるのです。

カフェインの取りすぎ、寝不足、高血圧、アルコールも要因ですと書いてありますが、それがまさにストレスがそうさせているのではないですか。

 

2013年の8月、車を運転していて、睡魔に襲われた私は、コンビニでカフェイン入りの眠気覚ましを飲みました。

その日曜日の夜、自分の心臓の音がうるさくて眠れないのです。

耳を枕につけるでしょ、そうしたら、ドドドドドドドドドドと心臓が動いているのです。一晩中。うるさいのです。

これはただ事ではない。

何せ、一時の休みもなく心臓が狂ったように動き続けるのです。

普段は心臓動いていることなど気にも留めないでしょう。

ところが、意識せざるおえない。

痛みだったら、和らいだり、強まったりしますが、心房粗動は痛みはまるでないけれど、一時も休まらないのです。

月曜日がよほど嫌なのでしょう。

速すぎて、心筋の収縮が十分でなく、血液量が足りず、げっぷが出て少し苦しいのです。まあ大丈夫、少し苦しいぐらいだから。それでも、気になって、

結局、月曜日に早引きして、近くの内科へ、そうしたら、聴診器をあてた医者が(推定55歳)これは大変だ

本編へ