私の体験で、カテーテルアブレーションで後悔はありますかと聞かれれば、

 

後悔は全くありませんというでしょう。

 

「再発して2回も受けたのにですか」

ときかれたら、

2回ぐらいは普通です。初めからそうなるかもしれないと思っていたからです。

カテーテルアブレーションが創生期から、技術が進歩したのもいいことでした。

 

苦しいこともありました、心エコーとか尿道カテーテルとか、

純粋に痛いこともありました。

不安になることもありましたが、開胸施術ではないことが大きいと思います。

 

傷口が残らないきれいな体であるということでしょう。

 

急激に伸びることをスカイロケットといいますが。

カテーテルアブレーションこそ、スカイロケット。

札幌でも専門の病院がオープンするほどです。

最新の機器が必要な分、手術代は高額で、一件300~400万円、病院の収益も上がるからでしょう。

開胸手術ではないので、おおむね3泊4日で、合併症さえ起きなければすぐ退院していきます。

患者の回転率が速い。

冷凍アブレーションの進歩で、安全性が増した上に、件数が増え経験値が上がってきた。

メソッドが確立

傷口が小さい

あんまり痛くない

地方の中核都市でも気軽のできるようになった

色々と、いい点がいっぱいです。

 

薬を飲まなくてもよくなる根治治療という魅力的な響き

薬を飲むと副作用があって、口が渇きます。

 

しかしながら、不整脈というものを考えると、なりやすい人とならない人がいるのは確かです。

遺伝的な影響ははっきり証明されてはいないけど、やはりあるのではないでしょうか。

 

健康的で、運動も欠かさない、トライアスロン、マラソンに参加というような人も不整脈になります。

スキーの三浦雄一郎さんは3回ものアブレーションを受けたと聞いたことがあります。

 

体、人体のことはまだまだ解明されないことが多いのでしょう。

 

ストレスも大きな要因であると思います。心臓が痛くなるようなシビアな経験は心臓を弱らせます。

カスタマーサービス関係の仕事は、不整脈を誘発するかもしれません。

 

また、バスの運転手さんやトラックドライバーさんなども緊張する時間が長いので

不整脈を誘発するかもしれません。

 

そして、加齢です。

ステイヤング! いつまでも若い気持ちで頑張ることが大切です。
自律神経の調整なら【Cure:Re THE MAKURA】におまかせ!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事