一時災害で食い止めよう。

第二話

最近車の運転が荒い人が増えています。

 

腹の立つ事ばかりで、余裕なく生きているので、すぐに怒ってしまいます。

そんな時は、どこかに穴を掘って王様の耳は、ロバの耳と叫びましょう。

 

一番駄目なのは、家族に二次被害をもたらす事です。

 

所じーじがこう言っていました。

 

~ダメなことを面白がる~

頭を抱えて、落ち込まないで、厭なこと不幸なことも面白がっちゃえということです。

 

ところじーじのところで笑ったあなたはきっと大丈夫です。

 

いつも不機嫌で怒ってばっかりのあなたには、家族への気遣いに心を使う余裕はありません。

家族も怖がり嫌な気持ちになります。

大切な相談が有ったとしても、避けるでしょう。

今度、機嫌がいい時に言いましょうと。

 

リモートワークも孤独感を深めます。

この、テクノロジーの異常な進歩に人間何十万年の歴史がついていけないのかもしれません。

 

このコンピュータチップそのものが、都市に見えるという

T.Tosiさんの作品です。

真ん中のCPUから伸びた配線は、まるで道路のようです。

この中の人間は、電子ということでしょう。

 

しかし、機嫌がいい時がありません。どうしたら良いんでしょう。

自分又は家族が

思い悩んで鬱を発症してしまったり、

心に傷を負って、PTSDに悩む人もいます。

あと、パニック障害もあります。

一番の悲劇がDVです。

 

こうならないために、穴を掘りましょう。

~王様の耳はロバの耳~

 

自分だけの災害で治めることが大事です。

~明日は明日の風が吹く~

くれぐれも、他の人を不愉快にするのはやめましょう。

 

いつでも微笑みを

難しいけれどもやっていかなければなりません。

人のためになることをする為に生まれてきたのです。

と、いう人がいますね。

本当かなぁ。

おすすめの記事