恐怖の日曜日、心房粗動再発 そうだ横須賀に行こう ⑥

悪いことは続きました。

やはり、精神と体が疲れています。仕事のストレスを克服するための、無理な頑張りが長く続くわけがありません。

椿の花

カウンターショックで粗動を止め、疲れて帰ってきて、心電計買ったり、ネットで色々調べたりして1週間が経ちました。

 

そして、その日曜の朝、また、心臓の鼓動が聞こえます。ドクンドクン暴れています。もう、この心臓どうなっちゃったんだろう。

全く、同じ症状です。息苦しいです。救急車を呼ぶまでは苦しくありませんが。気持ちは、沈んでいきます。

 

150以上あるうえに、どきんどきん感が強く、息も苦しいです。150回以上あると、心臓は十分には収縮できず、20%ほど血の送る量が減ります。

すなわち、違和感と息苦しさが始まったのです。

わずか一週間で再発

先週と同じ日曜日

また、タクシーを呼ぼうと思ったら、家人が付いてきてくれることになりました。どんより曇って、みぞれも降っています。

ああー、これからどうなってしまうのか、仕事は続けられるのか?

 

不思議と、死については全く考えませんでした。大いなる楽観で生きてきたので、こういう時に有利ですね。

車の窓から見える景色は何か違って見えるようです。

旅先の風景のようでした。

また、救急入り口から入りました。今回は、どこか隅っこの処置室に案内されました。

日曜日なので、もちろん外来がやっているわけはなく、緊急で運ばれてきた人を処置するためにICU並みの機器が備えられています。

若い先生が、やってきました。昨日から徹夜での当番なので、妙にテンションが上がっているように感じられました。

まず、また点滴です。1本目、効きません。

2本目で100ぐらいまで下がったので、

薬をもらって帰ることになりました。

今回は、処置室には、たくさんの人がいました。心臓病院なので、休みの日にも来る人が結構いるのでしょう。

 

ペースメーカーの調子が悪い人が多かったです。

カブと野菜のあるテーブル

お年寄りが大勢いました。

ペースメーカーになったらどうしようと考えました。とことん弱気になってきました。

 

受付で、薬が出るのを待ちます。入院患者も多いので売店も開いてました。

なるべく体によさそうなジュースを買いました。ソファで家人と話してました。まだ、気持ちが悪いです。

そりゃ、心臓を制御するすごく強い薬を、2本も点滴で入れたんだから。

少しめまいがしたので、椅子に深く腰掛けました。目の前が暗く、くらっとして来たので、

「家人にちょっと看護婦さんをよんで・・・・・・・・」

ここまでで、意識を失いました。

生れてはじめての、失神です。

家人によると、そこで椅子から崩れ落ち、ほぺったをたたいても意識なく、受付が大騒ぎになったそうです。

 

ヤバイって思ったそうです。

すぐ、車いすに乗せられ、処置室へ運ばれたそうです。

気が付いたら、また、ベッドの上にいました。ここは、どうやら入院病棟のようです。

 

眼鏡をかけた若い医師が来て、このまま様子を見ますか、それとも、また、カウンターショックで止めますかといってきました。

さすがに、苦しすぎたので、ずーと何時間も全速で走り続ける苦しさです。

脈拍150これをかれこれ8時間続けてます。

さすがに、わたしの心臓君も疲れてきました。

カウンターショックをお願いします。

力弱く告げました。

 

わずか一週間の間に2回、生涯合計、3回目のカウンターショックです

注射で鎮静薬が体に入ります。あっという間に眠りました。スーッとあの世に行く感じです。

麻酔をかけないとかなり痛いらしいです。軽いやけどをします。胸がヒリヒリするんです。

 

あの、病院のシーンを思い出しました。

離れて、ピー、バン もう一回今度は出力を上げて、ピー、バン

何回やっても心臓が動かず、○○時〇分、ご臨終です。このシーンです。

 

しかし、すぐに目を覚ましました。洞調律に戻っています。すごく気持ちがいいです。

 

しかし、体が疲れているので、様子を見るため入院することになりました。

 

人生初入院です。自動販売機のある談話室から、職場に電話をしました。2,3日休むことなど。

しかし、もうこれは横須賀に行くしかないと思ったら、窓の外の景色も変わって見えました。

「吹っ切れたのです」

 

電話したら、少し元気が出て初入院に興味をもって挑戦することになりました。

この日の初体験。

1-気を失ったこと

2-車いすに乗ったこと

3-入院することになったこと

生涯初めての入院です。病院の夜は怖くはないのか、食事は美味しいのかなど興味が湧いてきました。

ワクワクしてきました。よほど硬直していた日常だったのでしょう。毎日同じことの繰り返しと報われぬ思い。

そこから、少し解放されたのです。

この本来の楽天性はどこから来るのでしょう。

この性格でなぜ、ストレスがたまるのでしょう。

謎ですが、執着しないというか、簡単にあきらめて順応するとも言えるでしょう。

 

同調律に戻りましたが、1週間で再発という現実。

このままでは、また次の日曜日にまたなるのでしょうか。

もうこれは、アブレーションしかない。

この病院では、代表的な心臓病院ですが、まだカテーテルアブレーションはまだ始まっていませんでした。

「よし、横須賀に行こう」

簡単にきめました。今度はきちんと紹介状を書いてもらって、正々堂々と治療しよう。

 

ゴールデンウィーク前後に、横須賀でまず、診察を受けて、夏あたりに休みを取ってアブレーションをしよう。

横須賀共済病院のホームページを何回も何回も読みました。

 

ゴッドハンドのT先生でなくてもいいや。年間1000例をする病院だもの、スタッフもしっかりしているはずだ。

病院の談話室から、窓の下を流れる川を見ていました。何故か、「川の流れのように」の歌詞が頭に浮かびました。

 

PS 病院の夜のトイレ怖かったです。広すぎるトイレでした。

おすすめの記事