絶対安静始まりました。 ⑯

夏の花

ヘロヘロになりながら、ストレッチャーで病室に戻ってきました。

とにかく終わったのは良いことです。

家人が心配そうに見ています。

行きとは違って、完全に病人になって帰ってきた感じです。

病院の天井を見ながら戻ってきました。ここに何か絵が描いてあったら面白いですね。

励ましの言葉でもいいですね。

でも、高速で移動するので、わかりやすい言葉がいいでしょう。

エレベータで上がって、廊下を転がって、病室まで、天井を見て進みました。

体も脱力感から力も入りません。

1、2の3でベッドに寝かされました。体重80kgの私が転がされました。

すごい力ですね感心しました。

腕力もいる仕事ですね。

 

鼠径部はこれでもかというように固く硬く固定されていました。サポータやら強力絆創膏やらでぐるぐる巻きです。

さあ、絶対安静の始まりです。

睡眠薬で

眠らせてもらうことはできないものでしょうか。

 

寝れない場合、かなりの退屈が予想されますね。雑誌は買ってきています。

普通の本より、雑誌の方が隅々まで読むと、ものすごい量の情報量であることがわかります。

文春、新潮が代表的ですが、今は420円もしたのでびっくりしました。

もう、10年ぐらい、週刊誌は買っていなかったのです。

 

週刊誌を読む暇がないほど忙しかったのです。そのせいで、心臓病になったのでしょう。

もう、8時間はトイレにも行けません。大も小もだめ、だいたい体の向きを変えることすらできません。

ここが頑張りどこ、試練だと心を決めました。

トイレのことを頭から切り離します。行きたくなっちゃうからです。

こうなると、尿道カテーテルの方がいいのかもしれませんね。

 

とにかく、寝ちゃえばいんだと思いますが、そうはうまくいきません、

シューシューカチという音がずっと続きます。

これは、ふくろはぎに装着された、空気によってマッサージする機械の音です。体が動かせないので、足だけマッサージ機に接続されたのです。

 

ずーとマッサージされます。エコノミークラス症候群のように、血栓ができないようにするためにするためです。気持ちは良いのですが、これで眠れない。

一晩中足をもまれています。

これで、眠れないでしょうね。しかし、そこまでするということは、エコノミー症候群になった人がいるということですかね。

ラジオのイアホンがずれていたい(この長いコードのやつは安いので耳にフィットしない)、

普段使ってるレコーダーのイヤホンを持ってくればよかったです。今北海道の自分の部屋ににありますが

背中も痛くなってきた、気にしちゃいかん、と思えば思うほど気になりますね。これは、もはや座禅の世界ですね。

これ以上いたくなったら、ひっくり返してもらおうとか、いろいろ考えて眠れない。

長ーい夜が始まりました。

足元の方のベットから、話が聞こえてきました。手術を受けたいが、身元引受人が見つからない、

家族親戚と疎遠で、頼める人がいない。というような話でした。

そういうこともあるよな。結婚して家族がいて、また、兄弟がいてそれだけですごい幸運なことだったんだ。

ありがたや。感謝せねばならない。

チューリップのある食卓

やはり、いろいろな人に甘えながら生きてきたんですね。こうなって分かる、

家族の大切さ。と殊勝なことを一瞬だけ考えて、また、思考は背中の痛みに戻りました。

さて、背中が痛くて、もう辛抱がたまらず、絶対安静ですが、少しずつ体位を変えたり、曲がったり、伸びたりしながら、夜明けを迎えました。

何度時計を見ても、午前4時30分、いつまでもつかない国際線の飛行機のようですね。

薄日が差してきました

心臓は、多少の不整脈をもちながらも、洞調律を保っています。頼むから、このまま推移してほしい。

何せ、心臓の中がやけどしているのだから、期外収縮は起こるでしょう。

これが粗動の引き金にならないことを祈ります。

やけどが治ったらまた、通電したりして、いろいろなことを考えます。

気付いたら、6時になりました。

看護師さんが現れました。これから医師が来て、傷口の消毒をします。

多少は動けるようになりますし、トイレにも行けます。

との、朗報を伝えて去りました。

医師がきて、傷口を見て、「いいですね。」ペロ(消毒薬をぬるおと)

また、きつくきつくサポーターでぐるぐる巻きにして去りました。

 

 

結束ができて硬くなり、2,3か月かかったという記事も見ました。

トイレに行くために立ってみました。

 

立てません、ふらふらします。

よちよち歩きの赤ちゃんのようにつかまり立ちしました。家人が見て心配してます。

今日から、生まれ変わった気持ちになって頑張ります。

 

とにかく、今日は無理ですが、明日は退院できそうです。

だんだん元気が出てきました。北海道に帰るぞ。

このあと、近くのホテルにもう一泊して、北海道に帰ります。帰れたら。

ゴールデンウイーク真っ最中、みんなは楽しく暮らしているのでしょう。

羨ましいです。

おすすめの記事