認知症と単なる物忘れの違いは、施設に入るタイミング

年をとると、物忘れが誰にでもあります。大事だからなくしちゃだめだと思って、

特別にどこかにしまって忘れちゃうのは、単なる物忘れです。

認知症のもの忘れは、探しているものすら忘れるので、何かを探しているのですが

その何かを忘れてしまっているので、「探し物をずっとしている状態」になります。

家の中、部屋の中を全部ひっくり返して探しても見つからない。

当たり前ですな、探し物がもともとないのだから。

探し物、特徴的なもの3つ、

通帳

お財布

カギ

これは、よく探すものベスト3です。また、工夫して隠すのでなかなか見つかりません。

よくこんな隠し場所を思いつくものだと、感心せざるおえないという事例がありました。

まさに、マジシャンだと感想を述べている家族もいました。

気を付けることは、ここで、怒ってはいけないということです。ニコニコ一緒に探しましょう。

本人には全く罪がありません、悪いところは一つもないのです。

割り切ることが大切です。

それに、怒ると、その怒られた記憶はなぜか残るです。いいこといっぱいしてやったことは忘れ、

イライラしてちょっと怒った記憶は残るという。

摩訶不思議???

まあ、いつもニコニコとしていましょう。ニコニコしているうちにイライラもどっかに行っちゃいますよ。

トラブルでは、

お金の貸し借りの問題があります。これは、大きな問題で、絶対に貸し借りをしてはいけません。

なにせ、貸したことを忘れるので、面白いように何回でも貸すという事例があり、家族が青くなるということが

あります。逆に、借りたりすることも非常に危険で、返したこと、返済したことを忘れるので、何回でも返してくれます。

「あのお金返してね」というと、無限大に返してくれるのです。

おれおれ詐欺の話を聞いて、なんであんなのに騙されるのか疑問でしたが、この、認知症の問題を考え合わせると

まだ、氷山の一角で、この世界ではいろいろなリスクがあるのだとわかります。

新聞のチラシに入ってくる、広告も危険です。勝手に電話をして、高級なものを購入してしまうということもあります。

また、ずるく仕掛けてくる業者もあるので、観察は欠かすことはできません。

リホーム詐欺や違法セールスも注意しなければなりません。近くに、住んでいればいいのですが、なかなか思うように

様子を見られなくなったら、やはり、老人ホームに入れると安心できるといえますね。

少なくとも、訪問販売のリスクは回避できます。

 

ーーーーーー施設へ入るタイミングーーーーーーーーー

年齢ではありません。困り感が出てきたときがその時なのです。

困り感がなく元気にすごしているんであれば、それでいいのです。

困り感がでて、弱気になった時は、家族の出番ですよ。

さて、タイミングの問題ですが。一人暮らしの場合、炊事が面倒になった時が、その時期です。そして、火の始末を考えると

1心配が大きいですね。

火事など出したらたいへんですよ、と説得しましょう。本人もホントにめんどくさいと思った時です。

1人暮らしの場合は、急に太ってきた、時がその時期です。

急に太るのは、食べたことを忘れて、何回も食べるからです。食べた記憶が一切飛ぶので、

何回でも食べるのです。

歯止めが効きません。

コンビニがこんなにも拡大した現代では、食べ物は、いつでも好きなだけ手に入るのです。

膝が悪くなって来た、転びやすくなった時がその時です。

歩けなくなった、足が痛いというのも、買出しに行けないわけですから、その日から急に困り感がMAXですね。

病院に一人で行けなくなったらその時です。

通院は、年をとればどうしても、かならずあります。

薬の管理ができなくなった時がその時期です。

規定量以上飲んだり、あるいはまったく飲まなかったりします。危険ですね。

テレビを見なくなった時がその時期です。ボーっとしてる時間が増えてきます。思考が積み重ならないので、いつも初めから

考え直すので、堂々巡りを繰り返すようになったからです。

思考が無限のループのように、回転し始めたのです。

おすすめの記事