退院しました。知らない街を歩く ⑰

椿と四角い花瓶

時は矢のごとし

time flyes

あんなに心配だった事が、過去になった途端に一気に意識は変わります。

受験生が合格発表を境に、人生が展開していくように、あっという間に状況は変わってきます。

私のように、この心房粗動という病気に関しては、まだ若いのにね。という年齢でアブレーションを受けたわけですが。

自分としては、そんなに悲劇的にはうけいれてはいませんでしたが。

なるようにしかならない。

 

自分の思い通りにならないというより、自分の思い描く結末しか認めない人間の性質がそうさせるのかも

しれませんね。

退院はあわただしく過ぎました。2回目の消毒のあと、点滴の棒につかまりながら、回廊を歩く練習をしました。

止血のサポーターは外されました。きれいに。傷はくっ付いたようです。

結束は一切ありません。少し色が変わったくらいです。

初めて歩く子供のようにぎこちなく。10歩で大きく息をつきました。かなり弱っています。

 

 

 

 

 

 

 

少し休んでいる間に、家人に頼んで、知らない街のキャッシュコーナーで50万ほどおろしてきてもらいました。

入院手術費は高額です。明細を見ましたが、実際の金額は100万をはるかに越えで、3割負担を払います。

高額医療の申請の書類を持ってきていなかったので、現金で払って帰ります。

あとで、申請が通れば、健康保険組合から差額が戻ってくるのです。

実際の負担は10万ぐらいだと思いますが。

これぐらいで間に合うはずです。

しかし今は40万円支払わないと、北海道に帰れません。

あと、この街で買ったズボンとか下着靴下の費用、飲食代もかかりました。何せ二泊で帰る予定がもう10日こっちにいます。

ホテルの費用、JALの帰りの航空券はカードで払いました。それから、新千歳空港に置きっぱなしになっている車の駐車料金も高額です。

最終的には、任意で入っている保険から、入院特約、手術特約で結構な額が振り込まれ収支はトントンになりました。

もともと旅行感覚で荷物も何もなかったので、荷造りは簡単にすみました。ナースステイションに挨拶に行きました。

とっても、よくしてもらったなと思いました。

 

 

旅行者が旅先でふらりと手術を受けて帰ります。そんな感じです、フーテンの寅さんばりです。

ここでの、一週間余りは夢のようでした。

ジェットコースターにいきなり乗って今降りたという感じです。

公衆電話から職場に電話しました。仕事のことはすっかり忘れてました。(笑)

仕事というものは自分が思っているほど、自分がいなくても大丈夫なのです。

 

代わりは、いくらでもいるということですな。そんな、仕事でストレスをため、病気になるとは。

本当に思い込みが激しい、真面目な仕事人間だったのですね。

今日からはね、もっと自由に生きますよ、なんたって、心臓を手術したんですよ。

一番大事なところを手術したんですよ。そして、生きている。凄いことじゃありませんか。

たいしたもんですよ。

しかし、性格はなかなか変えられないからね。

赤い壺の花

医師と短時間面談しました、半年後の12月にまた、経過を見てもらうことになりました。

また来ます。ありがとうございました。北海道からきてるということで、

スケジュール調整をしてくれ、手術までしてくれました。じゃ、また。

 

手術は痛かったです。

もう2度と手術はしたくないですが、さて、どうなることやら。

 

期外収縮は、まだあり、感じられます。頑張れ心臓。

 

地に足がついてない、そんな感じで、そろそろとエレベーターに乗りました。

ふわふわと歩き、受付で料金を払いました。

 

家人に付き添われて、玄関を出ました。5月の日差しと風に吹かれ、ほほがスーッとします。

帰るぞ、北海道に。途中、一回だけ振り返って、また、ずんずん歩いていきました。

 

デパ地下で生寿司パックを買って、駅前のビジネスホテルに入りました。

これが非常に美味しかったです。

横須賀のデパ地下の寿司パックはうまい。

食べ物がうまいといわれる北海道から来てるのに感動しました。

知らないことがいっぱいだな。

 

まだまだ生きるぞ。

 

ビジネスホテルの小さな窓から外を見ました、

少ししか開かない窓を開けました。

ベットに寝そべりました。静かに、目をつむりました。

おすすめの記事