いよいよ手術当日になりました。 ⑭

リンゴと椅子

 

僕らはみんな生きている、生きているから悲しんだ。

作詞のやなせたかし氏は、1番の歌詞に、生きているから悲しいんだ。

と言い切りました。

手術を待つ2日間は、あっという間に過ぎました。

何を考えていたのでしょう。

 

病気になってしまったこと、仕事のこと、このまま退職に追い込まれた時の退職金の計算、

何か、世の中の役に立つことがしたかったな。

何か大事なものに仕えたかったな。

全身麻酔の手術は大変ですね。

 

 

 

 

 

想像していたカテーテルアブレーション
心房粗動による、カテーテルアブレーション、心筋焼灼術を今日します。

手順は、太ももの付け根の静脈からカテーテルを入れていきます。局部麻酔です。

意識のある中で行います

カテーテルをどんどん血管の中を通して、心臓まで送り込みます。

肩からもカテーテルラインをいれます。

痛そうですね

レントゲンを照射しながら、心臓の内部をマッピングしながら心臓の壁を焼いていきます。

異常な信号の出ているところを探します。

小樽風景

不整脈を誘導したりしながら探っていきます。

心房粗動は信号が旋回するので、旋回しないようにぐるっと線を入れて、回路を焼き切ります。

やけどあとをつけたら、心房粗動が起こらないようにしっかり止まっているか検査します。

大丈夫だったらカテーテルを抜きます。

しっかり、穴をあけた静脈を止血します。

絶対安静で動けません。次の日から、傷口を消毒します。

しっかり、止血できたら退院です。もう薬はいりません。

となるはずです。

その日の5番目なので、午後に始まるようです。名前を呼ばれるまで手持ちぶさたです。

何せ、無理やり順番を入れてもらったという後ろめたさもありますよ。

北海道からわざわざ来てるんですよ。では、説得力に欠けます。

また、ぼんやりと今までの人生について考えていました。

「大したことなかったな」「平凡だったな」と、思いました。

少し臆病になっているのかもしれません。

カテーテルアブレーション手術の実際

次の番です。パンツを脱いで、T字帯に変えました。

毛が無いのでスース―します。毛は大事なものだったのですね。

ガウンみたいのを羽織りました。

いよいよ、呼びに来ました。

看護師さんに連れられて、手術室までてくてく歩いていきます。家人も一緒に歩いてきます。

みんなでわきアイアイと、エレベーターに乗りました。なにか、変な感じです。

普通、手術って言ったら、ストレッチャーに乗って、家族がお父さん頑張って、何て言いながら、廊下をついてきて、

手術室のドアがバーンと閉じられ、上に手術中の赤ランプが点灯。

家人が心配して長く待っていると、

赤ランプが消え、医者が出てきて、残念ですが・・・・なんて言うやつを想像しますね。

残念ですが、手術中に・・・・・・

手術はうまくいったのですが・・・・・・

ところが、皆で歩いて、エレベーターに乗って、あとから乗ってきた人に、何階ですかなんて聞きながら、手術に行くなんて。

家人に、「じゃ行ってきま~す」って言って歩いて、手術室に入りました。

スタッフの皆さんが忙しそうに働いています。

今日の5番バッターです。

〇〇さんきました。と看護師さんがいうと、「はーい」という明るい声。

何か、お店にきたみたいですね。

リンゴのあるテーブル

○○さん入りまーす。

この多くの手術をしてきた、スタッフのテキパキした様子は、やはり、ここまできてよかったと思いました。

すごい装置が所狭しと並んでいます。

一番目立つのは、何種類ものモニター類です。

あと、センサーを付けるためのケーブルの多さ、たくさんのセンサーが必要なようです。

手術台に座って、手術着に着替えます。ほとんど裸ですが、手術台に固定されました。

ラップでくるまれるように緑のシートで被われました。

手術台に固定されました。

消毒が始まり、あちこちスース―します。

もう拘束され逃げれません。

UFOにつかまった、人間という感じです。

あの、無反射灯というんですかあれがないんです。

手術部はレントゲンでとられた画像を加工したものと、心電図のモニターです。

開胸手術とは全く違うカテーテルアブレーション手術の開始です。

このように、初手術は、始まりました。

おすすめの記事