アブレーション前日 パート2の⑭ いよいよあしたです。
ヘルシンキの建物

さあ、やってきました。ここが戦場です。

入院は緊張します。

名医のいる病院という本に何人もの人が乗っているこの大病院は新築できれいです。

脳外科医の、超有名な神の手、ドクター福島も来るそうです。

入院受付で、結構待たされました。大病院だからな。

ミキサーのあるテーブル

新築になったばかりのホテルのような病院です。

やってきましたよ。思ったよりたくさんの人が入院していました。皆さん、大変でしたね。

同病ですよ。よろしくお願いいたします。

カテーテルアブレーション前日の入院です.

 

今の時代は何でも機械です。

受付から、支払いまでなんでもこのATMみたいな機械でします。

 

いつものように、診察券を入れると、プリンターから今日の予定が出力されます。

ここの病院の受付は、新病院開店の際に、受付が外部委託になったようで、デパートの受付嬢さんのような

プロの人がいろいろ説明してくれます。

JALの女性客室乗務員ぐらいの気品を持っています。

すこし、照れくさいけど安心ですね。

 

 

病室に案内されました。

身長と体重を計りました。すこし、太ってました。

前のアブレーションから3年半、もう2度と入院はしないと思っていたのに。

看護師さんが男性だったので良かったです。さっそく、毛のそり方を見てもらいました。

概ねよいが、胸毛をそるのを忘れてました。

みなさん、胸毛も剃ってくださいね。

近くの小部屋で、電気カミソリでそってもらいました。

結構しつこくつるつるになるまで

カンターショックをする場合があるので、胸毛はそらなければなりません。

次に、24時間ホルター心電計を付けました。

腕輪バーコード入りを付けました。

T字帯を売店で買いました。ポカリスウェトも、水も買いました。ストローは持ってきました。

寝ながら飲めるようなストロー付き水筒もいいと思います。

あとは、日程の説明です。何事もなければ、3泊4日で済みそうです。

尿道カテーテルはやることになりました。

冷凍アブレーションの場合は全身麻酔でするので、部屋で尿道カテーテルを入れていくことになりました。

高周波の方は局部麻酔下でするので、手術室でするそうです。前の粗動の時は何もしませんでしたが。

やはり全身麻酔となると、麻酔の管理とか、その後の回復に時間がかかるでしょう

しかし、3年前の粗動の時は、局部麻酔で痛かった、

麻酔の注射、良く歯医者さんで打つやつ、チクチクして、

そのあとは感覚がなくなるやつは、注射はいたくないけど、心臓の中を焼かれる感じがあって、グキット、痛かったんです。

内部からくる痛み、きついです。

冷凍やけどができるときも痛いのかな。まず、バルーンで肺静脈4本やって、取り切れなかったら、高周波を追加でやるそうです。

とりあえず、今日することは何もなし、WIFIのパスワードを教えてもらって、パソコンを取り出し、

今書いていますよ。

 

明日は、採血早朝5時、点滴、T字帯、尿道カテーテルをやって、午前9時から手術です、午前11時過ぎには終わる予定ですが。どうなるかわかりません。

とにかく、いま、こぽこぽしてる不安定な心臓の鼓動が、規則性を取り戻してくれたらいいんです。

やはり不規則なのは疲れる、心臓も疲労するので、このままでは長生きはできないでしょう。

 

この年になると、こんな運命とかというように考えるより、残り少ない人生の使命のことに考えるようになりましたね。

若かったら、こんな、病気になっちゃったのは実に残念で、不運、なおかつ、痛いし、

お金もかかる。いいことまるでなし。もう、どうして私ばっかりと思うでしょう。

 

しかし、今は、この病気は意味のあることで、これからの生活、人生の生き方、

この世に貢献するための使命を認識せよという、メッセージなのだと感じられるようになりました。

このくらいで済んで良かった。

まだましだ、これでいいのだ。

牛骨のあるテーブル

個室は、いろいろ気にしなくていいので楽なのだ。

入り口もちゃんとドアなのだ。

 

カーテン一枚のプライバシーは大変ですね。隣の人の、聞きたくない情報まで、耳に入ったりして。

そういうのが面倒なのですよ。

前に入院した、横須賀の病院では、夜中にあることが起きました。

パート1をお読みください。

頭にはいってしまうと、自動的に感想までも持っちゃいますからね。

 

タオル代、シャンプー代など別、WIFIは無料

一泊9000円、3食付きだからなかなかいいですね。

午前中降っていた雪はやんだようです。しかし、遠くの山は雪景色に変わりました。

もうすぐ、クリスマスだというのに、さえない年になりました。

あした、痛くないといいけどな。

家人はズーと前に帰りましたよ。(笑)

 

1人っきりですが、廊下の方には4人部屋があってけっこう話し声が聞こえます。

ドアを閉めました。

静かです。

売店でアンパンかどら焼き買っておくんだったな。

甘いものを食べると落ち着くんだよな。

ヤクルトも飲みたい。

カツゲンでもいいや

カツゲンとは、雪印で作っている乳酸飲料、戦時中の傷病兵のために作られた、ので勝つ源

スーパーでもソフトカツゲンが大人気である。

もちろん、北海道限定商品です。

北海道に遊びに来た際は、ぜひ飲んでください。

おすすめの記事