手術当日・あっという間に違和感がクリアに。パート2の⑰
黄金の間

アブレーション成功か失敗か?

 

前回まで

さてさて、手術はどうだったのでしょう。横須賀で高周波アブレーション手術をうけて、早3年半、心房粗動から今度は心房細動を発症

仕方なく、2回目のアブレーション。

この3年半の間の技術の進歩はめざましく、この北海道でも、アブレーションの件数が増えてきました。

そして、冷凍カテーテルアブレーション、肺動脈の周りを綺麗に円状に焼ける、バルーンの進化、

それによって、札幌でも、年間100件を超える病院が出てきました。そして、即座に冷凍バルーンを選択、

とここまでが今までのあらすじです。あの恐怖の経食道エコーをせずとも、新型CTと造影剤によるマッピングで血栓の

有無を調べられました。なおかつ、四か所に風船を押し付けるだけで完了ですから、手術時間が超短くて済む。

当日(検査後)

余市風景

帰室後飲水が可能です。
1時間ほどしたら食事をとることができます。
帰室後3~6時間の安静が必要です。
*治療により変更になることがあります。
入浴できません
看護師が症状・穿刺部の観察、血圧測定を行います。担当医より説明を受ける約束をされた方は、ご家族が
お揃いになりましたら看護師に声をかけてください。

病室で

 

9時のアブレーションに向けて、秒単、位でも決まっていたかのように、準備が始まりました。

まず点滴、わたしは血管が太いのですぐ入ります。

個室なので、いきなりパンツをに脱いで

次に尿道カテーテル、そんなに長いものいれるのっていく感じで、

麻酔もなくスーとさされました。いつでも、おしっこがしたい感じになります。

しかし、そのうち慣れました。しかし、丸出しで入れるのはちょっと恥ずかしいですね。

そんなことは、言ってられませんが。

ここの部分が、改良の余地のあるところです。短時間で終われば必要ないわけですが、始めてみないとわからないことがあるのでしょう。

あわただしく準備は進みます。

ストレッチャーに乗り換え、手術室に向かいます。新しい病院なので、何もかもがスムーズ、乗りごごちも最高です。

エレベーターも快適、手術階に入りました。

手術室で
なんて思っているうちに、手術室に入りました。

10名ほどのスタッフが待ちかまえていました。

何か、音楽が流れています。演歌だったら、ちょっと心配ですね。

その、人の多さと、ものすごい量の機械類に圧倒させられました。

たとえると、UFOにつかまって、人体を調べられる、可哀想な人類といったところです。

コードの量だけでも「半端ない」ということです。

おなじみの、何台もの薄型、ディスプレイがメインですが、冷凍のための装置も見えます。

とにかく、ひんやりしています。

さすが、200万円の手術は凄いですね。

豊浦風景

看護師さんの指導教官みたい人が、てきぱき指示をとばしています。なかなか、素早いですね。

まず、鼻から食道へ温度計をいれました。鼻の麻酔のスプレーでスース―します。

額にとげとげのテープを付けました、チクチクします。脳波を図るらしいです。

体のいたるところにセンサーが張られました。もうコードだらけです。

デバイスやセンサーが安全を監視してくれるのです。

点滴が入り、少しぼーっとなりました。

口にマスクがつけられました。

全身麻酔です。

――――――――――手術中――――――――――

起きてください。わかりますか。

生き埋めの状態から掘り起こされた感じです。

終わりました。

まったく、なんにも覚えていません。

麻酔は醒めました、夢は何一つ見ませんでした。遠い世界に行っていたようです。

洞調律に戻っています

 

 

また、病室で

 

病室に帰ってきてからも、こんこんと眠り続けました。この間の局部麻酔ではかなり痛かったが、今回は何にも感じなかった。

痛みに弱い人、強い人なんかいないと思いますが。

病院選びは、全身麻酔のオペが日常的に行われている、心臓血管外科のある病院を選ぶのがいいでしょう。

朝、昼抜きで眠り続けた私は、

 

夕食を楽しみにしていました。おなかがすいて、足りるかな、なんて思っていたら。

食べられなかった、

ちょっと食べたら、胃が動き出し苦しくなってきたのです。

苦しいです。冷や汗が出て、めまいもします。とっても、食べられません。

汗がだらだらながれます。おにぎり一つ食べるのがようやくで、すぐ横になりました。

具合が悪くなったので、これをきっかけに、また、細動が起きたらどうしよう。なんて、思うほどでした。

消化が落ち着くと、体も落ち着きました。

微熱があります。

心臓の手術をしていたんだな、あまりに楽なので楽観してました。いい気になっていたようです。

やはり心臓に近い、食道が影響を受けたのでしょうか。気力はありますか、食べられません。

 

よこになりました、少し良くなりました。明日の朝ご飯を楽しみにしよう。

呆然と横になり、目をつむりました。とにかく終わったのだ、良かったではないですか。

 

そうだよな、心臓手術したんだものな、大変なことだよな。

技術の進歩に感謝します。わたくしも、今日から、素直になって、

世の中のために奉仕したいと思いました。(一瞬だけ)

明日は。採血、レントゲン、24時間ホルター、睡眠時無呼吸検査がありますよ。

ともあれ、よかったのだ。

早く明日になって、この、尿道カテーテルを抜いてほしいのだ。

おすすめの記事